夢色とうめい

アクセスカウンタ

zoom RSS 時をかける少女?

<<   作成日時 : 2010/03/11 15:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

静かに目を開くとなにやら見慣れない風景・・・
いったい私はどこへ!?

画像


まさか、時空を超えてタイムスリップしてしまったのか?


画像


だとしたら、下町っぽいここはいつの時代?


画像




一軒のお店を覗くとそこは酒屋のようだ。

画像


それとも今で言う居酒屋なのかも知れない。


画像



画像




そしてここは何?

画像


ずらりと並んだカゴは・・・

画像


窓からこぼれる光が眩しい高い天井〜
もしや、もしや・・・

画像


やっぱり!
早速失礼してひと風呂浴びてっと。

画像



あぁ〜さっぱりしたところでおや、こっちの店は雑貨屋さん?

画像



画像

なんだか映画のセットのようにも見えるがそうではなさそうだ。

画像


この時代にこっそり何かを置いて来るとしたら、う〜ん携帯電話かなぁ。
時を超えてやりとり出来たら面白いのに・・・

という訳で、時をかけるのは〜もと少女でした。


そんな妄想がしたい方にお勧めのこの場所は
都立小金井公園内にある「江戸東京たてもの園
江戸時代から昭和初期までの、復元建造物が建ち並んでいる野外博物館です。

他にも赤坂にあった高橋是清邸など、文化的な建物が移築されていたりします。


前記事に引き続き、東京に在りながら私にとって初めての場所。

この街並みや銭湯は「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
これでチンチン電車が走っていたら、もう現代には戻ってきません。
時を駆けるおじさん(わっしー)
2010/03/11 17:02
こんばんは、はっしいさん、
土管を覗いたらそこは昭和30年代の世界へと、ですか。
タイムスリップした臨場感のある写真だと思います。

銭湯も自分の町では、今では一軒しかないです。
ちょっと蛇足になりますが、、、、
福島の奥会津へ撮影に行くと、毎回必ず地元の温泉の共同風呂に
入ってきます。結構他にも外来の観光客が入りに来ますが、一緒に
入りに連れてくる子供達がお風呂の入り方を知らなさ過ぎるのが
目につきます。掛け湯をしなかったり、しても立ったままだったり
湯船で潜ったり泳いだりで。
子供達が外のお風呂でそういうことするのは、街に銭湯が無くなった
からという理由が大きいようです。
山本
2010/03/11 18:22
いつもですが、風景の一部を切り取るセンス、写真の技術が凄いですね。
むっちゃんも・・一応、はっしいさんば目標にしとるとですけど(笑)。
むっちゃん
2010/03/11 19:57
わっしーさま・・・

園内には7500形の都電も展示されてましたよ。
建物の外観の写真がほとんどないのでまた機会かあればゆっくり撮影に行ってみたいです(^^ゞ
はっしい
2010/03/11 22:30
山本さま・・・

うちの近所にあった銭湯も今はマンションになってしまいました〜
ジムのお風呂や地方の温泉など大人になってから共同風呂を利用する機会はよくありますがマナーが問われますよね。
子供のうちは確かに内風呂しか入った事ない子が多い様です。
修学旅行などで皆と一緒に入れない子も増えているとか・・・
はっしい
2010/03/11 22:41
むっちゃんさま・・・

とんでもないですぅ〜
最近は自然を撮る機会が減っているのでむっちゃんさんの心和む田舎の風景に癒されています。
そろそろ春の花でも撮りに行きたいなぁ
はっしい
2010/03/11 22:45
最初の一枚目の土管を抜けると、時空空間を飛んで、ここは江戸時代〜昭和初期の世界へ通じる道となる設定かな〜(^^)v
建物がその時代を見てきたことを物語っているようにも思えますよね。

yurika
2010/03/11 23:51
さりげなく7500形って???・・・。
別に無理やり引きずり込もうなんてぜんぜん思いませんが・・・。
いつの間にか、もう追い越されてしまったような・・・。
はっしーさま、orzです。
わっしー
2010/03/12 00:05
えぇ〜はっしいさん(わっしーさんも)この時代の生まれなんですか?
映画やテレビの世界だと思ってましたぁ〜
さすがに、この時代に生まれてませんが、都内にこんな場所があるなんて!!
昭和の懐かしい雰囲気があってとっても行きたくなりました。
このレトロさが新鮮らしく、ちょっと若者に人気があるとかないとか?
y-merry3
2010/03/12 12:35
yurikaさま・・・

土管のタイムトンネル!イメージしました(*^_^*)
伝わって嬉しいです・・・
園内はまだまだ紹介しきれないくらい広くてなかなか面白い所でした。
高橋是清邸が当時の風情そのままでお食事処だったり〜
また違う視点で撮りに行きたいです。
はっしい
2010/03/12 23:19
わっしーさま・・・

いやいや、書いてあった数字をそのまま写しただけですみません〜

先ほどTVニュースでブルートレインの「北陸」と夜行列車?「能登」のラストランのLIVE映像が映し出されていました。
集まった撮り鉄さんたちの熱い吐息の中、思わずわっしーさんの姿を探してしまいました(笑)
はっしい
2010/03/12 23:31
y-merry3さま・・・

わぉ!さすがにこの時代までは知りませぬ(笑)
でも昭和の香りに懐かしさを感じてしまうのは確かです〜
そういえば空地に土管が転がってたなぁ
はっしい
2010/03/12 23:37
いやぁ〜、懐かしい風景ですねぇ〜!?
でもシャンペンサイダーなんて知りませんでしたねぇ・・・
2枚目の写真の緑色のジョウロがプラスチック製に見えてしまうのは何故でしょう?  <雑貨屋さん>にブリキのジョウロが下がっているからでしょうか
はっしいさんにとっては、ちょっと時を駆け過ぎた・・・雰囲気でしょうか!?
宮星
2010/03/13 00:18
宮星さま・・・

私もシャンペンサイダーは知りませんね。
いつ頃のものなんでしょうか?
プラスティックのジョウロ〜良く気が付きましたね
管理している方が植木に水をあげてしまうの忘れちゃったかな?
実際にはブリキのジョウロは使ってないってことですね(笑)
はっしい
2010/03/14 21:29
はっしいさん、こんにちは。
なんだか素敵なところですね。
そして、面白そう〜!
是非行ってみたいと思います。
あれか
2010/03/15 17:16
あれかさま・・・

行く前はどんな所かと心配だったけど
結構楽しかったです♪
桜の咲くころお花見を兼ねて行くのもいいかもね。
はっしい
2010/03/16 00:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
時をかける少女? 夢色とうめい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる