夢色とうめい

アクセスカウンタ

zoom RSS 舞妓はん・芸妓はん@京都

<<   作成日時 : 2010/02/04 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 21

画像


艶やかなお姐さん方、揃ってお座敷へ!?


画像

京都の舞妓さんといえば「祇園」と思いがちですが
ここ「宮川町」は京都に五つある花街のひとつ。


画像

舞妓さんの数は祇園をしのぎ京都で一番多いとか。


画像




提灯についている赤い丸三つが宮川町のマークです。

画像

ちなみに赤提灯は普通の飲食店。
白い提灯は一見様お断りのお茶屋さんだそうです。





画像


この通りは彼女達の日常の生活の場でもあります。
お稽古に出掛ける姿、お座敷の準備の為髪結さんに行く姿にも遭遇できたりします。


画像


着物の着こなしにも品が漂っています。


画像


舞妓さんに出逢うには夕方が狙い目^^



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、はっしいさん、
派手目な着物に大きい帯をしめた姿が舞妓さんで、やや大人しくて
普通の帯をしめた姿が芸妓さんで良かったでしょうか?
伝統文化をその御当地で撮るのもならではのもの。今年もなにか
風景以外で撮れたらと思います。
山本
2010/02/05 16:15
山本さま・・・

こんばんは。
舞妓さんと芸妓さんの外見的な違いは髪型と着物、帯が象徴的ですね。
舞妓さんのあたまは自分の髪で結いますが、芸妓さんは「かつら」です。
袖が長い「振袖」を着ているのが舞妓さん、帯もだらりの帯です。
一番最後の写真でいうと左側が舞妓さん、右側が芸妓さん。二十歳を過ぎると舞妓を卒業して芸妓になるそうです。
この日はタイミング良く、花街らしい風情を堪能できました。
はっしい
2010/02/05 23:59
こんばんは〜
街を艶やかなお姐さんが行き交う姿は京都らしくていいですね〜
通りすがりにレンズを向けるのは少し勇気が要るでしょうけど・・・でも、お姐さん方の「おおきに」という声が聞こえて来るようです。^^
皆さん美しい方ばかり、お座敷の立ち振る舞いも優雅でしょうね。

提灯にもいろいろ意味があるみたいですが、一番馴染みがあるのがやはり赤提灯です・・・(o_ _)o シロガイイ
月野ワッ熊
2010/02/06 01:57
舞妓さんって、一つの芸術ですね。
桃割れにだらりの帯、後ろ姿に一幅の絵を見るようです。
宮川町ってどの辺りになるのでしょうか。
祇園の他は、先斗町ぐらいしかよく知りません。
なりきり舞妓さんは、白川祇園で見たりしましたが・・・
いいですね、ほんまものの舞妓さん、芸妓さん。
mi-ko
2010/02/06 11:09
月野ワッ熊さま・・・

皆さん観光客のカメラには慣れていらっしゃるようですね。
中にはスーッと横道に姿を隠す方もいらっしゃいますが・・・
ラッキーなことに一度にこれだけ大人数の姿は見られないかも

一度はくぐってみたい白提灯
はっしい
2010/02/07 00:18
mi-koさま・・・

宮川町は祇園からも近く、四条河原町寄りで南座の裏辺りです。
祇園ほど観光化されてないので花街の風情が味わえますよ。
ほんまもんの衣装は我々が見てもひと目で質の良さが分かります。
内面も含めてまさに芸術ですよね
はっしい
2010/02/07 00:30
ずっと以前、京都には仕事で数十回行きましたが、ついに<舞妓はん・芸妓はん>に出会えるようなところには行かずじまいでした。
京都といえども、昔ながらの街や人の雰囲気がだんだん失われつつあるようですね。
こんな情景に出会える場所と時間を熟知されたはっしいさんならではの作品ですね〜!
宮星
2010/02/07 10:34
宮星さま・・・

京都らしい写真を〜と思うとやっぱり舞妓さんはかかせなくて出逢えそうな場所に行ってしまいます。
なんちゃって舞妓さんはあちこちで見かけますけどね〜
私も若かったら体験したいんだけどなぁ
町家を改装した今風でお洒落な店も沢山出来ています。
京都らしい情緒はいつまでも残して欲しいですね
はっしい
2010/02/07 18:57
先日、清水寺の辺りを散策していたら舞妓さんが並んで写真撮影中。
おっ、と思ったら体験さんでした。
何度か行っているのですが、まだ出会った事がないんですよ。そうかぁ〜夕方が狙い目ですか。
昔、体験する機会があったのですが恥ずかしくて・・・・・
今思えば体験しておけばよかったぁ〜とちょっと後悔しています。
y-merry3
2010/02/07 23:38
私が京都で舞妓さんに会ったのは、一般の体験舞妓さんだったのかもしれません。
昼、舞妓姿でデートしてるはずないですよね(^^ゞ
舞妓さんと芸妓さんの違い…決まりごとがあるのですね!
後姿の襟足に色香を感じます。
yurika
2010/02/08 19:53
和の風情の格子に水色の自転車…合わないようでも合っています(^^)v
ポイント押さえていますね!
ここが、はっしいさんらしい撮り方
yurika
2010/02/08 20:00
y-merry3さま・・・

体験舞妓さんは大人気ですよね。
私もやってみたかったなぁ。
以前、舞妓さんの格好をしたおばあちゃんの数人を清水寺で見かけました。おじいちゃんは新撰組
思わず苦笑い〜でも道行く人々が皆カメラを向けて人気者でしたよ。
はっしい
2010/02/08 23:10
yurikaさま・・・

舞妓さんがこの格好で町を歩くのはお座敷に出向く時でしょうからyurikaさんが見かけたのは体験さんだったのかも・・・
6枚目の写真に写っている白い普段着の方は
髪結いさんで頭を結ってもらった帰りで、これから振袖を着るのだと思います。
襟足といえば長襦袢の襟の色が舞妓さんは赤系で芸妓さんになると白に変わるんですって。

風情あるお茶屋さんの格子の窓に丸い提灯と丸い車輪が不思議と違和感なく目に飛び込んできました
はっしい
2010/02/08 23:38
はっしさん、こんにちは。
遅ればせながら、、、今年も宜しくお願いいたします。m(__)m

舞妓さん、着物、京都〜イイですね〜
あれか
URL
2010/02/10 10:30
あれかさま・・・

こんばんは〜
こちらこそ、相変わらずのんびり更新ですが今年もどうぞ宜しくお願い致します

京都の話題は事欠かないですね〜
ストックからまだまだ出そうです
はっしい
2010/02/10 17:25
こんにちは〜♪
私も昨年は珍しく何度も京都に行きました。通常は年に1、2回(春と秋)なんですけどね^^
5枚目の自転車のカットいいですね。提灯の色のこと、初めて知りました。
今度はそういう点にも着目して、また京都に行ってみたいです☆
yamataka
2010/02/21 10:38
舞子はんって映画有りましたよね・・
しかし、今は大変な事になってる様ですね・・
よしくん〜
2010/02/24 07:17
すっかり御無沙汰しちゃってます。

1/6に愛犬ラッキーが亡くなってから、毎晩泣いていました。
1/16に、新しい家族を迎えてから、毎晩遊んであげてるので、すっかりパソの時間が減ってしまってます。

京都で舞妓さんに会えるなんて、すごいです。
何度も行きましたら、会ったことがありません。

そっかぁ〜〜夕方なんですね。

2010/02/24 19:09
yamatakaさま・・・

神戸は京都から近くていいなぁ〜

その業界では当たり前の事でも知らないこと沢山ありますよね。あちこち歩くと勉強になります。
私など全く縁のない世界ですがこうして写真を撮らせて頂いてるとなんだか身近な気がしてくるのが不思議です。
女性としても見習うところが多いです(#^.^#)
はっしい
2010/02/28 23:03
よしくんさま・・・

京都に舞妓さんはなくてはならないですね。
でもなかなか見かけることが出来ないので出会えた時は超ラッキー!
一緒だった友人は場所を移動してしまったのでこの場面には遭遇できませんでした。
彼女達が颯爽と歩く姿はかっこ良かったです!(^^)!
はっしい
2010/02/28 23:12
ピさま・・・

こちらこそここのところ更新さえも滞り、反省しています。
もう少しマメに更新できる形を模索中です

ラッキーちゃん、残念でしたね。
うちも愛犬がいるので想像しただけで涙が出そうです
新しい家族もラッキーちゃんに負けない位可愛いでしょうね〜
いっぱい遊んであげてね
はっしい
2010/02/28 23:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
舞妓はん・芸妓はん@京都 夢色とうめい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる