夢色とうめい

アクセスカウンタ

zoom RSS 天竺へ!?

<<   作成日時 : 2007/02/22 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

画像


西遊記のワンシーンを思い出しました。
キント雲に乗った孫悟空が今にも現れそうな気がします。



横浜中華街、山下町公園内にある中華式のあずま屋。
「會芳亭」(かいほうてい)というその屋根を飾っていた魔除けの神獣たちです。

先頭をゆくのは仙人だそうで鶏にまたがり走獣を従えているのだとか。
この走獣の数が多いほど建物の格が高いそうです。


そんな彼らが見守る公園の特設ステージではこんなイベントが!


画像

最近再び頑張っている洋七、洋八のお二人・・・
息のあったベテランの漫才は春節を祝う人々に多くの笑顔をもたらしてくれました。




画像

そして天長門の下。
音はすれど私が背伸びしても見えなかった獅子舞の光景〜
あっ!!このボクには何かが見えたようです!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは〜。先日洋八さんの子どもの頃のドラマが放送されてるのを観ましたが、彼のおばぁちゃんが楽しくて、彼女のものの考え方一つでマイナスに思えることがプラスになって、心に響きました。
B&B?の時代の漫才を私は観た事がありません・・。
一度聞いてみたいです。
今でも漫才してるなんて知らなかったです。
大勢の人たちが集まったのでしょうね。*^^*

 影絵のようにきれいな青い空に浮かんだ神獣たち。
なんの動物だろう〜??
よ〜く目をこらして見てもやっぱり神獣だからこの世にない動物なのかしら。
ほんと、孫悟空の世界ですね。
ドラマの♪そこ〜にゆ〜けば〜♪っていうガンダーラの曲が大好きでした。
今も好き〜!
しのぶ
2007/02/23 00:30
しのぶさま・・・

私もドラマ観ましたよ。
うわぁ、大ヒットギャグ「もみじ饅頭〜」知らない世代なんですか?
たけしさんや島田紳助さんたちと初期?の漫才ブーム起こしました。
私、りアルタイムで観てました (^^;)

魔除けの神獣は創造の動物なんでしょうね。
ゴダイゴの曲、いいですね。
B&Bが一世を風びしたのはこのドラマと同じ頃だったような気もするんだけどなあ。
あ、もしかして去年の慎吾ちゃんの「西遊記」のことかしら?
はっしい
2007/02/23 01:10
 再び・・・。
多分私が知らないだけで、B&Bもツービート??もリアルタイムで観られたはずなのですが、その頃の私というのは、時代劇が専門でありました。(ё_ё;)
漫才何も誰も知らないのです。残念です、本当に。 
西遊記は大好きで、夏目雅子さんや堺正章さんの時のを小学校5〜&年頃に観てました。
歳がバレてしまうわね・・。あはは〜。
しのぶ
2007/02/23 01:30
こんばんは
肩車の子供ちゃんの表情がなんとも
何を見てるんでしょうか
指差そうとしてるようにも見えますが…
がばいばあちゃん、愛読書です(笑)
taka
2007/02/23 01:30
一枚目は大空に飛んでいくキント雲を見送る人?たちみたいですね。シルエットが昔の西遊記を思い起こさせるような雰囲気です(リアルタイムでは見たことないですが)。
三枚目の子供の表情がとてもいいですね。生まれて初めて獅子舞を見て興奮しているのでしょうか。うちの子は獅子舞見たときは大泣きでしたが・・
イワン
2007/02/23 09:12
いったいこのお子様はナニを見つけたのでしょう..
視線の先が気になります!
大人には見えないものなのかもしれませんね
ささ
2007/02/23 16:09
これ、見たことがある!
昨年、中国をちょこっとだけ、見てきまして、
世界遺産の紫禁城(故宮博物館)の数ある建物には
すべてこの神獣のお守りが付いていました。
もちろん走獣の数も多かったですよ。
ボクちゃんの表情がいいですね。
獅子舞の写真が撮れなくて残念でしたが、
ただでは、帰ってこないのが、さすがですね。
ともっぺ
2007/02/23 16:27
孫悟空とB&B、懐かしい〜、懐かしいと言っても、B&Bは現役バリバリで活躍していますね。「メチャメチャ陰気やで〜」、、、でも、充電期間は、ほんまにこのギャグでは笑えないくらい落ち込んでいました。最近の活躍がとても嬉しい・・・(^-^)。お子さんと親子の写真、とても幸せそうで心がほっこり〜です。的確なフレーミングと絵心、頑張って勉強されていますね。
hiko
URL
2007/02/23 18:49
こんにちは!
ほんとだ!この子はなにをみつけたのでしょう!
こどもの表情にはいいものがありますよね!
ケイ
2007/02/23 21:42
皆様、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

実は只今より新潟に向けて出発いたします。
お返事は週明けにしますね。ごめんなさい m(_ _)m

今回の旅はスノボーが目的なのでまともな写真は撮れないと思いますが楽しんで参ります(^v^)

では、行って来ま〜す!
はっしい
2007/02/23 21:47
はっしいさん、こんばんは。
3枚目、スゴイッ!
シャッターチャンスを逃さずに撮られましたね(^_-)-☆
この子、何が見えたのかしら〜♪
いいお顔していますね〜!
あれか
URL
2007/02/23 22:20
スノボー、楽しんできてください。
多分その時のはっしーはあの少年以上の真剣な表情なんでしょうね。そんなハッシーは 何よりも素敵です。
写真はいっつも素敵ですよ〜。

2007/02/24 00:24
しのぶさま・・・

あ〜よかった。夏目雅子さんをご存知で(笑)
私は時代劇といえば水戸黄門くらいしか知らないです〜
人それぞれなんですよね(*^^*)
はっしい
2007/02/26 22:09
takaさま・・・

彼が何を見ているのか私には解りません〜
爆竹の音なんかはしてたんですけどね・・・
肩車のお子さん達がこの日の特等席でした(笑)
「がばいばあちゃん」読んでみたいです (^-^)
はっしい
2007/02/26 22:20
イワンさま・・・

中国の獅子は日本の獅子舞いと違って愛嬌のある顔していました。
色もカラフルでにぎやかです☆
私自身子供の頃、獅子舞が恐かったこと覚えていますよ。
この神獣たちの目線は遥か遠くの故郷をみつめているようでした(^-^)
はっしい
2007/02/26 22:53
さささま・・・

私も気になります。何を見つけたのでしょう(笑)
きっと穢れを知らないこの子にしか見えないものなんでしょうね。
はっしい
2007/02/26 22:57
ともっぺさま・・・

中国へいらしたのですか・・・
歴史ある建物にはさぞかし重みを感じられたことでしょうね。
もっと走獣の並んだ屋根を私も見てみたいです。
人ごみにもまれながらも目線に入るボクちゃんの表情が気になりレンズを向けました。なにか面白いものが見えたんでしょうね (^-^)
はっしい
2007/02/26 23:06
hikoさま・・・

一世を風靡しましたよねB&Bのギャグ (^-^)
今は洋七さんひとりだけで活動しているのかと思ってましたが二人揃った姿はホント懐かしかったです。
肩車の親子の姿もなぜか懐かしい気がしました。
父子のスキンシップはこんな場面であるのですね。
本来の目的の被写体を捉えられなかったのが悔やまれます (^^;)
はっしい
2007/02/26 23:55
ケイさま・・・

大人が見ても大したものじゃないかも知れないけど
きっとこの子にとっては新鮮なものだったのでしょうね。
なにしろ私には人の頭しか見えず残念でした (o_ _)o
はっしい
2007/02/27 00:03
あれかさま・・・

この場所で3〜40分待っていたので人々の様子を観察していました。
やはり子供の表情が一番素直でいいですね。
何が見えたのかやっぱり気になりますよね (^^)/
はっしい
2007/02/27 00:09
里さま・・・

ただいま〜
怪我もなく無事戻りました。
それにしても雪がありません。山の上の方もガリガリで先月よりひどかった〜
でも、それなりに楽しんで来ましたよ(^o^)
そんなに褒めて頂いて背中がくすぐったいです(*^^*)
皆さんを見習いたいといつも思ってます。
はっしい
2007/02/27 01:26
突然のご連絡で失礼いたします。
編集プロダクション ケイ・ライターズクラブの有賀と申します。

このたび、(株)ローカス(http://www.locus.co.jp/)より出版予定の書籍『女子カメラ』にて、デジタル一眼レフの一般女性ユーザーが撮影した写真をもとに構成する企画を進めております。
そこで現在、HPやブログなどを当たって今回の企画に適った方を探しているところなのですが、貴サイトに発表されている写真を拝見し、ぜひ制作にご協力いただければと思いご連絡いたしました。

詳しい企画内容をご説明させて頂ければと思いますので
aruga@kwc.co.jp
までご返信いただければ幸いに存じます。

何卒宜しくお願い致します。
女子カメラ編集部
2007/02/27 11:29
女子カメラ編集部さま・・・

コメントありがとうございます。
返信はメールの方にさせていただきますので宜しくお願い致します。
はっしい
2007/02/27 23:11
純真な子供の表情が、何とも言えず可愛いですね。
微笑ましい親子の光景にほのぼのとします。
B&Bは、あの早口のギャグが健在なのでしょうか?
当時、面白かったのでまた見てみたい気がします。

はっしいさんの写真、ついに目に留まったのですね。
何か楽しみになってきました。(^^
月野ワッ熊
2007/03/01 17:30
月野ワッ熊さま・・・

お子さんがいるとついレンズを向けたくなりますね。
この後、肩を貸しているお父さんにちょっとにらまれたような気もしましたが (^^;)
B&Bのお二人も歳を重ね当時よりはトーンが落ちていたみたいです。
でもどこかほのぼのとした雰囲気は変らず、集まった多くの観衆を和ませてくれました(^v^)

>はっしいさんの写真、ついに目に留まったのですね。

ありがとうございます。
まだ詳細はわかりませんがここでもご紹介できるようになればいいなと思います (*^^*)
はっしい
2007/03/01 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天竺へ!? 夢色とうめい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる